スポーツ庁が実施する2017年度全国体力テストで、県内は対象となった小学5年と中学2年の男女共に合計平均が全国平均値を下回った。投力は全国トップレベルとなる一方、持久力や走力は全国でも低かった。体育の授業以外の総運動時間は、運動量が多い児童と全くしない児童の二極化傾向がみられた。