沖縄食糧(浦添市、竹内聡社長)は1日、計1318人に北海道旅行やタラバガニなどの景品が当たる第17回おいしさふれあいキャンペーンを始めた。「愛を米守礼」や「ゆめぴりか」などの北海道産米に付いているマツコシールやマーク6ポイント分を、専用はがきに貼って応募する。来年3月31日までの4カ月間で、期間中は毎月抽選する。

キャンペーンをPRする(左から)ホクレン農業協同組合連合会の本田千晴米穀部長、沖縄食糧の竹内社長、岡田さん=1日、沖縄タイムス社

 今回、同社の創立65周年を記念した特別賞を創設。毎月6人計24人に象印の炊飯器をプレゼント。ダブルチャンスで650人におこめ券が当たる。

 1日、沖縄タイムス社を訪れたミス北海道米の岡田紫央里さんは「北海道のおいしいお米を多くの方に食べてほしい」と話した。問い合わせは沖食、電話098(877)2323。