台湾の自動車部品製造会社のBGF(ビージーエフ)が、沖縄県うるま市の国際物流拠点産業集積地域に進出することが1日分かった。同地域の制度適用や賃貸工場の借用などを県に申請しており、来年3月までの稼働開始を目指す。外資系企業が同地域に工場を新設するのは製造業では初めて。

 県の認可取得後、グループの投資会社、武璋貿易と共同出資し、うるま市に新会社「菱山ブレーキ」を設立する。

 従業員を県内から10人程度採用する予定で「メイドインジャパン」にこだわり、品質やブランド力の向上につなげる。

 県外に比べて台湾に近い沖縄に工場を新設することで、原材料と製品の輸送コストを低減できるほか、技術者の派遣も容易になる。新工場の売上高目標は年間4億円。

 BGFは従業員200人規模の工場を台湾とタイに所有しており、ブレーキポンプやクラッチポンプなどを製造している。同社製品はトヨタ自動車やフォルクスワーゲンなどの世界大手メーカーの自動車に採用されている。年間売上高は約50億円。

 1日、那覇市内であったオキナワベンチャーマーケットに出展した武璋貿易の林武璋社長は「世界的に信頼の高い日本で部品を製造することで、信用力も高めていく」と説明し、日本産ブランドとして海外輸出に力を入れる考えを示した。「将来的には台湾やタイの工場と同規模にまで拡大したい」と意気込んだ。(照屋剛志)