2日に始まる辺野古代執行訴訟に、沖縄県側弁護団は検事出身で労働関係などの訴訟に携わってきた竹下勇夫弁護士を中心に、1995年の代理署名訴訟の弁護団に加わった松永和宏弁護士や加藤裕弁護士ら6人が国への反論準備を進めている。