兵庫県洲本市の小松茂市議(63)が、沖縄タイムスの公式フェイスブック(FB)に、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民について「けとばせばいいんだよ」などと書き込みをしていたことが1日、分かった。小松市議は取材に「暴走した書き方をしてしまった。立場を考えれば良くなかった」と釈明した。

(上)沖縄タイムスのFBに掲載された記事に対し、小松市議が投稿したコメント(下)投稿を謝罪し削除するとしたコメント

 書き込んだのは、11月28日にFBへ掲載された記事。米軍キャンプ・シュワブのゲート前で機動隊が市民らを強制排除し、男性の肋骨(ろっこつ)が折れた疑いがあると伝えた記事に、「あの鉄板の入った頑丈な靴で、思いっきりけとばせばいいんだよっ」とコメントした。

 コメントを見た人からは「人が怪我(けが)しているのに罵詈(ばり)雑言はやめましょうよ」といさめる書き込みもあった。

 小松市議は翌29日、「不謹慎なコメントをUPしてしまいました。削除して気分を害された皆様にお詫び申し上げます」との謝罪の文章を投稿し、コメントを削除した。

 小松市議は6期目。これまでに2回議長を経験し、現在は議会運営委員長を務めている。