新基地建設の埋め立て承認取り消しをめぐり、国と沖縄県の法廷での闘争が始まった。沖縄が置かれてきた歴史や地方自治の在り方に触れ、国民にも問い掛けた翁長雄志知事の意見陳述。裁判官や世論の心に届いたと期待する県側は「火ぶたが切られた」(県幹部)と真っ向勝負で臨む構えだ。