【那覇】遊びや大人との触れ合いの場だったマチグヮー(商店街)を「子どもの居場所づくり」の場として考える車座会議「市場の子ども」(主催・マチグヮー楽会)が18日、市牧志の「子どもの居場所kukulu」で開かれた。 公設市場や農連市場に通った市民が映画館や本屋、通った飲食店の思い出を回想。