県議会(喜納昌春議長)11月定例会の代表質問が3日始まり、名護市辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐり、代執行訴訟を提起した国の対応に対し翁長雄志知事は「団体自治、住民自治といった地方自治の本旨に照らして極めて不当」と批判した。承認手続きの瑕疵(かし)を指摘した第三者委員会の検証を踏まえた取り消し処分は適法と主張し「訴訟の場で県の考えが正当であることを主張、立証していく」と述べた。

県議会11月定例会の代表質問で答弁する翁長雄志知事=3日午前

 安慶田光男副知事は米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止をめぐり「具体的なスケジュールを、政府に示す必要がある」と述べ、政府との協議で工程表の策定を求める考えを示した。

 座喜味一幸氏(自民)への答弁。