3歳までの子どもとその母親が福祉施設や学校などを訪れ、命の大切さを伝える「赤ちゃん先生クラス」が26日、那覇市立若狭小学校であった。「NPO法人ママの働き方応援隊」の沖縄校(新里亜也子代表)が企画。3年生25人が生後8カ月〜1歳3カ月の「赤ちゃん先生」と「ママ講師」の親子4組と触れ合った。