沖縄タイムスの公式フェイスブック(FB)で、名護市辺野古の新基地建設に反対する市民について「けとばせばいいんだよっ」などと書き込んだ兵庫県洲本市の小松茂市議(63)が3日、定例会本会議で「軽々に不適切な書き込みをしたことは多くの沖縄県民と沖縄出身者の皆さまに失礼極まりなかったと猛省しています」と謝罪した。

小松茂市議

 小松市議は、11月28日夜、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で機動隊の強制排除を受けた男性に骨折の疑いがあると伝えた記事に「鉄板の入った頑丈な靴で、思いっきりけとばせばいいんだよっ」と書いた。小松市議によると、その後、沖縄出身の人たちから「沖縄がどんな状況か理解しているのか」などと電話があり、考えを改めた。

 本会議では、議長に許可を得て発言。「暴力を助長するような極めて不適切なコメントを書き込んだのは軽率の至りで、到底認められなかったと反省しています。沖縄の歴史、現状への理解をしっかりと深めていくことをお誓いします」などと述べたという。小松市議は沖縄タイムスの取材に「いろいろと電話でおしかりを受けた。こんな書き込みをしたのは失礼極まりなかった」と話した。