辺野古新基地建設を進める国が、県を相手に起こした代執行訴訟。県側弁護団は、20年前の職務執行命令訴訟(代理署名訴訟)と比べ、県と国の立場が根拠法の有無で逆転したと説明する。第1回口頭弁論では、議論がかみ合わない場面もあった。