【東京】沖縄ツーリスト(OTS、東良和会長)は千葉県の私鉄・銚子電鉄と駅のネーミングライツ(命名権)で契約を結び、犬吠埼駅に「One Two Smile(ワン ツー スマイル) OTS犬吠埼温泉」の愛称をつけた。銚子電鉄が1日、命名権の販売が決まった7駅の愛称を発表。新しい駅名の看板を設置し、車内放送でも案内を始めた。

沖縄ツーリストが命名した犬吠埼駅の愛称「犬吠埼温泉」の看板=千葉県銚子市の同駅(OTS提供)

 OTSの企業キャッチコピーである「One Two Smile」と駅名にある「犬」の鳴き声の「ワン」にかけるなど、親しみやすい愛称を提案した。

 同社は旅行商品の販売などを企画し、駅近くの犬吠埼灯台や一帯の温泉地をPRし、県内外から観光客の誘客や地域活性化にもつなげる。

 同日、銚子市内で会見した東会長は「沖縄で培ってきた着地型観光のノウハウを生かし、銚子電鉄のパートナーとして地域の経済発展、活性化に貢献していきたい」と話した。OTSは年200万円で契約した。命名権販売は、同電鉄の経営改善策の一環。協賛企業6社との契約で初年度の収入は830万円となる。