【名護】名護市のキャンプ・シュワブ工事用車両専用ゲート前では4日午前、新基地建設に反対する市民ら70人超が座り込んだが、県警や警視庁機動隊に排除され、車両25台ほどが基地内に入った。

新基地建設に反対し、名護市のキャンプ・シュワブ新ゲート前で抗議する市民ら=4日午前8時20分ごろ

 また、辺野古沖では市民が船とカヌーを出して抗議。基地内のビーチでは、県に未申請の「付替道路」の整備とみられる作業で、クレーン車やショベルカーで鉄板や土砂を移動させる様子が確認できた。