【東京】石井啓一国交相は4日午前の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設をめぐり、国交相が翁長雄志知事を相手に提起した代執行訴訟の第1回口頭弁論が開かれ、知事が「民意を尊重すべきだ」と意見陳述したことに関して、「指定代理人の職員が出廷し必要な主張をしたとの報告を受けた。次回の口頭弁論でも引き続き原告として主張すべきことをしっかり主張したい」と述べるにとどめた。

閣議後会見で記者団の質問に答える石井啓一国交相=4日午前、国交省