ひとり親世帯や障がい児がいる世帯の生活支援として県が5千円分の「ゆいまーるガソリン券」を助成する全国初の事業で、対象となる約2万9千世帯のうち3割超となる約9千世帯が申請していない(11月24日時点)。締め切りは12月11日に迫っており、審査に一定の時間がかかることから県は早めの申請を呼び掛けている。

 5月1日現在で児童扶養手当か特別児童扶養手当、母子家庭等医療費助成を受給する世帯が対象で県が申請書を直接郵送している。締め切りは当初予定の10月末日から12月11日延長したが、申請は約7割にとどまっている。問い合わせは交付事務局、電話098(993)1074。