沖縄で自衛隊増強の動きが急だ。 地上から艦艇に対処するため、政府が陸自の地対艦誘導弾(SSM)のミサイル部隊を新たに沖縄本島へ配備を検討していることが分かった。中国海軍の艦艇が沖縄本島−宮古島間を頻繁に航行するようになっているからだという。