県産三線普及ブランド化委員会(委員長・渡慶次道政県三線製作事業協同組合理事長)の第6回会合が27日、那覇市の県立博物館・美術館であり、6月末、経済産業省に伝統的工芸品指定の申請書を提出する方針を決めた。同省の現地調査や8月の承認会議を経て、11月ごろ認定可否が判明する。