アルゼンチンが軍事政権下にあった1976〜83年、左派活動家や労働運動関係者らが誘拐・殺害されたほか、40年近くたった現在も行方の分からない人がいる。