「受注業者であるとは知らなかった」「政治活動への寄付と認識している」。新基地建設工事を受注した建設会社から寄付を受け取った県関係の国会議員6人は、公職選挙法に抵触する可能性があるとの指摘に対し、こう説明した。