ほんのりとした甘みと酸味、シャキシャキの食感が人気のスターフルーツの収穫がピークを迎えている。

たわわに実ったスターフルーツを収穫する農家の男性=28日、南風原町神里(渡辺奈々撮影)

 南風原町神里では27日、生産者の赤嶺之昭さん(56)が、太陽の光を浴びて鮮やかな黄色に熟した実の収穫に追われていた。

 星形の切り口が愛らしく、サラダの付け合わせやジュース、ゼリーの材料などに幅広く使われている。赤嶺さんは「南風原産スターフルーツは、みずみずしくてとても甘い。そのまま食べてもおいしいよ」と笑顔で話した。

 南風原町はスターフルーツの拠点産地に認定されており、県内生産量の約7割を占める。収穫したスターフルーツは、同町のJAおきなわ南風原支店などで集荷し、県内外に出荷する。