【那覇】国指定重要文化財の那覇市壺屋の新垣家住宅の工事完成を前に、那覇市文化財課は20日に見学会を開く。新垣家は戦前から残る唯一の陶工住宅とされ、2009年度から始まった修復工事では、明治中期の創建時の姿を再現した。

 見学会では、全長約23メートル、幅約4メートルの「東の窯」=写真=や離れ、トイレとして使われた「附(ふーる)」を見ることができる。見学会は午前9時半から計4回開催。各回とも定員は15人。申し込みは先着順で、14日午前9時から16日午後5時まで電話で受け付ける。受付先は同課、電話098(917)3501。