女子は安里真梨子が3時間5分14秒で県勢トップ、総合2位に入った。残り300メートルのトラックで、前を走る池原綾乃を抜き去っての逆転劇。2時間43分1秒の県記録を持つ28歳のママさんランナーは「最後は気持ちで走った」と喜んだ。 前回は、直前の授乳の影響で終盤に大失速。