米軍普天間飛行場の周辺上空を飛行中の米軍機にレーザー光線が照射された事件で、宜野湾署は7日午前、飛行訓練中の米軍ヘリに光線を照射させて業務を妨げたとして、宜野湾市大山の会社経営の男(56)を威力業務妨害の容疑で逮捕した。「緑色のレーザーポインターを照射したのは間違いない」と容疑を認めているという。沖縄県警は、航空機にレーザーポインターで照射した、同容疑での逮捕事案は全国初とみている。

米軍普天間飛行場

 調べによると男は7月1日午後9時3分から同9時12分ごろまでの間、自宅駐車場から、在沖米海兵隊普天間航空基地所属の海兵隊員4人が乗った飛行訓練中のUH―1Yヘリに向けて緑色の光線を少なくとも計3回照射し、業務を中止させ、妨害した疑い。

 同署は同日午前、自宅など家宅捜索し、レーザーポインターとみられるものなど証拠品を押収した。