沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」は、戦争犠牲者の遺骨を遺族に戻すDNA鑑定の対象拡大を国に要請するため、「沖縄戦身元不明孤児」と「海外戦没者」の関係者に協力を求めている。具志堅隆松代表が1日に沖縄県庁で記者会見し、「沖縄戦の孤児や海外犠牲者に国は責任を果たしていない。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。