その昔、山本安英の舞台「夕鶴」を見る機会があった。少ない小遣いをためて行った三人娘は大いに感激したものだが1人は舞台装置を絶賛、1人は鶴の化身の様だと評された「つう」ではなく「与ひょう」の台詞を何度もそらんじた。そしてもう1人は女優本人の人生に興味を持った。

「空海・美しき王妃の謎」

 壮大なスケールで語られる若き日の空海の冒険譚(ぼうけんたん)は、映像のあでやかさに目を奪われ、歴史のはざまに散った美しき楊貴妃の心情に涙し、白楽天と空海の知性にうなる。

 複数人での鑑賞後の楽しみは、ああだこうだ批評し合えること。東京ドーム8個分のセットに圧倒され、楊貴妃と「さらば、わが愛 覇王別姫」の蝶衣との色香の漂い方の違いだの、日中俳優競演の豪華さだのを語らいながら視点の違いを大いに楽しんだ。(スターシアターズ・榮慶子)

 ◇シネマQとシネマライカムで上映中。