【八重瀬】八重瀬町は、11月2日に出生届を出した島袋賢吾さん(34)と麻希さん(30)夫妻の長女・愛麻(えま)ちゃんを3万人目の町民に認定した。

八重瀬町人口3万人突破セレモニーで、記念撮影におさまる島袋さん家族(前列中央)と比屋根方次町長(前列左)ら=八重瀬町役場

 町は4日、記念セレモニーを役場で開き、島袋さん家族に認定書と記念品を贈呈し、役場職員や町議員らがカチャーシーを踊って祝福した。

 父親の賢吾さんは「たくさんの人に歓迎していただき感謝しています」。母親の麻希さんは「地域芸能が盛んな地域。将来娘が、琉球舞踊を踊れるようになってほしい」と目を細めた。

 比屋根方次町長は「愛麻ちゃんが健やかに育つことを願っている。安心して子育てできる環境づくりに力をいれたい」と述べた。

 町は2006年、旧東風平町と旧具志頭村が合併してできた。当時の人口は2万6510人。約10年で約3千500人増えた。町によると、伊覇・屋宜原地区の土地区画整理事業で住宅建築が進み、両地区の人口が約2倍になったのも増加要因の一つという。町の人口は11月30日現在、3万40人。