【久米島】第5回久米島町民俗芸能発表会(主催・町民俗芸能保存会)が11月28日、町具志川農村環境改善センターで行われ、町民ら約400人が堪能した。

第5回久米島町民俗芸能発表会。八重山の芸能タイラク・獅子舞=11月28日、町具志川農村環境改善センター

 町真謝の「打ち豆節」が17年ぶり、町仲村渠の「川平節」が21年ぶりの上演となり、盛り上がった。また、「保存会」組織創立5周年を記念し、八重山の民俗芸能、ユンタ、とぅばらーま、タイラク・獅子舞、黒島口説が演じられ観客らが本場の芸能を楽しんだ。

 昨年、名護市東江区と芸能交流を実現した縁で、仲村昭良東江区長ら15人が観賞した。(比嘉正明通信員)