【名護】名護市特産品セレクトショップとして5日、同市城の市営市場に「ナゴ・グローサリー・ストア」がオープンした。市内の中小企業や小規模事業者の取扱量の少ない商品の掘り起こしや市場活性化などが目的。

特産品セレクトショップとしてオープンした「ナゴ・グローサリー・ストア」=名護市城・名護市営市場

 市場2階の約80平方メートルの店舗には、県内のクリエーターの工芸品をメーンに、市内を中心にして国内外の食料品や生活雑貨など20以上の個人・事業者の約300アイテムが並んだ。

 全国の水族館や動物園などのグッズを企画、製造するヤエックス(愛知県・加納宏社長)が、現地法人として市内に設立した琉球ワークス(岩月昭雄社長)が運営管理する。

 岩月社長は、店舗販売にとどまらず、観光施設などへの販路拡大や、事業者との商品開発、クリエーターの支援や発信をしたいと話し、「将来的にはフリーペーパーを製作して、まち全体をPRしていきたい」と抱負を述べた。

 オープニングセレモニーで、稲嶺進市長は「名護でそれぞれ頑張っているが、なかなか日の目を見なかった人たちを手助けし、市場や名護十字路付近の活性化にもつなげたい。名護の隠れた特産品が多くの人に伝わるきっかけになればいい」と語った。

 営業時間は午前10時半~午後6時半まで。火曜定休。電話0980(43)6910。