沖縄県内の犯罪情勢や防犯情報を発信するRBCiラジオ「シャキッとi」の警察情報コーナーで12日、年末特別番組として、なくならない県内の飲酒運転事情などを取り上げる。1時間の拡大版で、担当する県警広報相談課の平良国広さん(45)は「まだまだ飲酒運転の罰則も十分知らない人も多い。何度でも周知する必要がある」と強調する。

RBCiラジオ「シャキッとi」に出演する県警広報相談課の平良国広さん

 同番組が始まって約12年。毎年年末の特番では恒例のように飲酒運転がテーマに上った。内容もよりインパクトがあるようにと、事故当事者や関係者のインタビューを紹介。今回も同様に予定している。

 先輩警察官から出演を引き継いで3年になる平良さんは「当時と比べて飲酒運転に対する県民意識は確実に変わっている」としながらも「なぜまだ事故が絶えないのか不思議でしょうがない。飲酒後にハンドルを握る確信犯が相対的に高くなっている」とみる。

 番組では、いつもどう話せばリスナーに分かりやすく、胸に訴えられるか頭を悩ませてきたという平良さん。「番組を聞いた悪質な飲酒運転者が“うちあたい”してやめてくれたら。これだけを願っている」。

 特別番組は12日午後2~3時。RBCiラジオ「シャキッとi」で放送予定。