名護市辺野古の新基地建設を巡り、11月に想定される知事選の前に翁長雄志知事が埋め立て承認を撤回する案が県、県政与党内で浮上していることが1日、分かった。知事選までに撤回することで、選挙で辺野古問題を争点化し県民の信を問う狙いがある。