沖縄総合事務局は1日、沖縄本島地区のハイヤー事業者5社からの運賃引き上げ申請を受け、改定後の新たな運賃を公示した。 車両の大型化が進んでいることを踏まえ、今回から定員7人以上の「大型」を「特定大型」とし、6人以下の「中型」を排気量別に「大型」と「普通」にそれぞれ分類。