大米グループ(下地米蔵会長)は7日、グループ10社の社員から集めた募金と各社から募った合計100万円を「のあちゃんを救う会」に寄付した。

のあちゃんを救う会の喜瀬真勝共同代表(左から3人目)に寄付金を渡す大米建設の仲本靖彦社長(右から3人目)=那覇市高良・大米建設

 同日、那覇市高良の大米建設で贈呈式があり、仲本靖彦社長は「早く元気になるよう、支援がさらに広がることに期待したい」と語った。

 救う会の喜瀬真勝共同代表は「心から感謝する。大阪にいるのあちゃんに皆さまの厚意を届けたい」と感謝した