沖縄の工芸品の魅力を広めようと第44回県工芸振興センター展(主催・県)が1日、浦添市美術館で始まった。織物や紅型、漆芸、木工芸の高度工芸技術者養成研修を受ける研修生や金細工や漆芸などの研修修了生ら58人が制作した約270点の作品が並ぶ。4日まで。入場無料。