米軍キャンプ・シュワブ沿岸の辺野古新基地建設で1日、K2とK4護岸で工事が進んだ。K2は長さ222メートルの予定で、抗議の市民によると完成が近い。K2の先に延びるK3の工事着手が今後想定される。 現場周辺は干潮になると足が着くほど水深が浅く、護岸造成が1週間で約10メートルと早いペースで進んでいる。