昨年10月に米軍のCH53Eヘリが東村高江で炎上した事故を巡り、県環境部は1日、事故現場や周辺土壌で全国平均値を上回る放射性物質ストロンチウム90の値は検出されなかったとする結果を公表した。