【名護】沖縄県名護市辺野古の新基地建設に抗議する座り込み行動には8日朝、米軍キャンプ・シュワブのゲート前に約150人が集まった。午前7時ごろ、旧ゲート前に座り込んで作業関係車両の進入を阻止しようとした約50人を、機動隊員らが担ぎ上げ、強制的に移動させた。

機動隊員らに強制的に移動させられる市民ら=8日午前7時10分ごろ、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 午前7時半ごろに、作業用の大型車両13台が基地内に入っていった。市民らによると、体調不良を訴えた81歳の男性が救急車で病院に搬送された。

 海上ではスパット台船2隻のうち、1隻で掘削棒を海面に下ろすなどの作業が確認された。市民らは船3隻、カヌー13艇で抗議した。