沖縄県は8日午前、名護市辺野古の新基地建設の工事を止めるため、国を相手に抗告訴訟を起こす議案を県議会に提出した。10日の本会議で提案理由を説明する。18日に可決される見通し。

沖縄県議会

 一方、県議会一般質問で、照屋守之氏は9月定例会で県側が「承認願書に瑕疵(かし)がある」と答弁したと指摘。これを受け、町田優知事公室長が「承認願書に瑕疵があるというのは間違い」と訂正した。

 照屋氏が過去の答弁との整合性を問いただし、議会は中断している。