高校生が金融や経済の知識を競う第10回エコノミクス甲子園(主催・沖縄銀行)が6日、那覇市内であり、昭和薬科大付属高校の与那城陽さん(2年)と大城奈々さん(3年)の「もののあわれ」チームが優勝した。2人は、来年2月に東京で開かれる全国大会に派遣される。

エコノミクス甲子園で優勝した与那城陽さん(右)と大城奈々さん(沖銀提供)

 県内6校から40チーム80人が参加。筆記試験と早押しクイズを勝ち抜いた6チームが決勝戦に進出。決勝戦はサンエー那覇メインプレイスで開催され、応援に駆け付けた観客を前に高校生が熱戦を繰り広げた。与那城さんと大城さんは「全国大会でも優勝目指して頑張りたい」と喜んだ。

 第10回の節目を記念し、最多の28チームが出場した那覇商業高校に特別賞が授与された。