任期満了に伴う沖縄県石垣市長選挙が4日告示される。これまでに3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦=、新人で前市議の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、新人で前県議の砂川利勝氏(54)が立候補を表明。市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の是非や対応などを争点に三つどもえとなる見通し。11日に投開票される。

立候補を予定している(右から)中山義隆、宮良操、砂川利勝の各氏

 中山氏は2期8年間の実績を強調し「流れを止めず、経済発展を続ける」などと市政継続を訴える。陸自配備は「国の専権事項」と事実上容認だが、受け入れ最終判断は保留している。

 宮良氏は「平和と環境を土台に持続可能な循環型経済をつくる」と市政刷新を訴える。陸自配備については「島のことは島で決める。どこにもミサイル基地は造らせない」と反対する。

 砂川氏は「対話で創る島づくり」をスローガンに市政改革を訴える。陸自配備については現計画を「白紙」に「住民合意の得られる別の場所へ配備する」とし、住民投票実施も掲げる。

 市議補選(欠員2人)も同日告示で3人が立候補を予定。同市選挙管理委員会によると3日現在の選挙人名簿登録者数は3万8699人(男性1万9267人、女性1万9432人)。