後生(グソー)の正月といわれる十六日祭(ジュウルクニチー)が3日、沖縄県内各地であり、墓前に親族が集まり手を合わせた。

十六日祭で墓前に手を合わせ、一年の無事や健康を祈る親族=3日。宮古島市平良・袖山墓地公園

 旧暦1月16日の行事。宮古島市の袖山墓地公園には正午前から多くの人がごちそうを供えて、先祖に健康を願った。

 平良恵長さん(90)の一家はあの世のお金「ウチカビ」を燃やし「今年は物価が上がっているから3億円送るねー」と墓前で語り掛けた。(宮古島)