【宜野湾】来年1月17日告示、同24日投開票の宜野湾市長選で、立候補を表明している新人で元県職員、志村恵一郎氏(63)の総決起大会が9日、宜野湾市民会館で開かれた。多くの支持者が参加し、市政奪還に気勢を上げた。

ガンバロー三唱で気勢を上げる志村恵一郎氏(左から2人目)ら=9日、宜野湾市民会館

 志村氏は「宜野湾市を変える。県政と連携しながら前進していくことは市にとっても大きなチャンスだ」と支持を訴えた。辺野古新基地建設の問題についても県政と連携することを強調。「普天間飛行場の5年以内の運用停止とオスプレイの配備撤回、辺野古の新基地反対を日米両政府に訴える」と力説した。

 子育て世代や子どもに優しい市政づくりを進めるとして、中学生までの医療費と給食費の無料化、待機児童ゼロなどに向けて取り組むことも約束。「市民に安心を与え、信頼される市政を目指す」と力を込めた。

 県議会を終えて応援に駆け付けた翁長雄志知事は「オール沖縄を体現する素晴らしい候補者に出会うことができた。必ず勝って県議選と参院選につなぎ、われわれの民意を政府に示そう」と呼び掛けた。

 衆院議員の照屋寛徳氏や仲里利信氏、稲嶺進名護市長らも登壇した。