「辺野古に新基地は造らせない」を県政運営の柱に据え、翁長雄志知事が就任して10日で1年。新基地建設をめぐり、訪米行動や政府との集中協議、国連演説などを通し、沖縄の過重な基地負担を国内外に訴えることに傾注した。代執行訴訟などで正念場を迎えている。