「さんしんの日」本会場の沖縄県読谷(よみたん)村文化センターでは4日、「赤犬子子ども三線・箏・太鼓クラブ」の小中高生約40人がステージに上り、「秋の踊り」「安波節」「子守節」の3曲を披露した。いつもは中庭での演奏だったが、プロと同じ舞台は初めて。子どもたちは緊張しながらも練習の成果を披露した。

初のステージ発表に臨む「赤犬子子ども三線・箏・太鼓クラブ」の小中高生=4日、読谷村文化センター鳳ホール

 三線を習い始めて1年の上地志璃さん(古堅小5年)は「初の大きな舞台で緊張したけど、みんなで、まとまってできたので良かった」とほっとした表情。5年目の兼謝名希実さん(読谷小4年)は「毎週土曜日の稽古で先生が指導してくれたおかげで上手にできた」と笑顔で話した。

 毎年恒例の中庭での演奏もあり、多くの保護者が見守る中、総勢100人余がそろって三線を奏でた。