南城市佐敷小谷のイルミネーション点灯式が6日夜、区内で行われた。午後6時に知念松夫自治会長や古謝景春市長が電源を入れると1万個余りの電球に明かりがともり、区民から歓声が起こった。点灯は来年1月3日まで。

区内の丘陵地帯にともったイルミネーション=6日、南城市佐敷小谷

 イルミネーションは2007年から毎年、小谷自治会が実施しており、年末の風物詩になっている。この日は早朝から区民らが勾配状になった区内の道路に電球を設置した。

 知念会長は「今年も多くの区民が集まり、点灯式を盛り上げてくれて感謝している」と喜んだ。イルミネーションは期間中、午後6~10時まで点灯する。