沖縄県は10日、職員に冬のボーナスにあたる期末・勤勉手当を支給した。対象は知事部局や教育、公安など各委員会のほか、病院事業と企業の両局を含む全職員2万2870人で、管理職を除く一般行政職員1人当たりの平均支給額(税込み)は66万6734円(平均年齢39・7歳)だった。前年に比べて1万9440円(3%)増額した。

 特別職では翁長雄志知事が239万8500円(手取り額144万348円)、両副知事は189万1500円(同121万7373円)、県議会議長が191万1千円(同132万5661円)だった。

 県人事課は、一般行政職員の平均支給額が増加したことについて、給料の増額改定や勤勉手当の支給月給の引き上げなどが要因としている。管理職を含む職員の平均年齢は42・6歳で、支給総額は178億1271万1千円だった。