名護市の渡具知武豊市長は5日に始まった3月市議会定例会で施政方針を述べた。「市長選で多くの市民から負託をいただいた。重責を感じ身の引き締まる思い」とし、子育て支援を大きな柱に据え「スピード感を持って臨む」と強調した。

施政方針を述べる渡具知武豊市長=5日、名護市議会

 辺野古新基地建設に関しては従来通り、「国と県の裁判の行方を注視し、その結果を踏まえて対応する」とした。在沖米海兵隊については「国外県外への移転を政府を通して米軍に粘り強く求める」と述べた。

 渡具知市長誕生後初の定例会には、多数の報道陣や市民が駆けつけ傍聴席を埋めた。