県と政府の間に立ち、普天間飛行場の返還問題にも関わった下河辺淳氏の死去に、関係者からは“最後の親沖政府高官”との声が上がった。