【石垣】全国でホテル事業を展開するルートイングループ(永山勝利会長)は、石垣市新川に客室数100室の高級リゾート「グランヴィリオリゾート石垣島ヴィラ」を建設する。2017年1月のオープンを予定している。

ルートイングループの新ホテル「グランヴィリオリゾート石垣島ヴィラ」の完成予想図。左上の施設が既存の「石垣リゾートグランヴィリオホテル」(同社提供)

 建設場所は、同グループの「石垣リゾートグランヴィリオホテル」に隣接する1万6528平方メートルの土地。グランヴィリオより高級感を高め、滞在型ホテルとして外国人観光客への対応も充実させる。

 計画では、海側から平屋宿泊施設5棟24室、プール付きコテージ4棟16室、3階建て施設5棟60室を配置。収容可能人数は300人余。大プールや大浴場、レストランも整備する。

 先月25日に起工式を済ませ、年明けにも工事を着工する予定。総事業費は約30億円、売り上げ目標は年間15億円を想定している。

 従業員は約100人を想定。海外からの観光客増加を見越し、従業員の2~3割は外国人採用を検討している。