「ホッシー」は、ちょっとへそ曲がりだ。権威主義や堅苦しいのが大嫌い。だから、フリースクールの子どもたちも「星野校長先生」なんて呼びはしない。 そのホッシーの目が潤んでいた。向き合っていたのは、この日で珊瑚舎(さんごしゃ)スコーレを卒業する生徒たち。