県は近く、沖縄の基地問題を紹介する英語版パンフレットを発行する。米国をはじめ、世界に沖縄の基地負担の現状を理解してもらうことが狙い。今月中旬に予定されている翁長雄志知事の訪米に合わせて完成させ、米国で開催するシンポジウムの参加者などに配布する。 パンフレットは全24ページで、5千部発行する。